最新のお知らせ

去る12月14日プラザ杉の子にて大館商工会議所青年部 創立40周年記念行事が開催された。

40周年記念事業として社会福祉協議会へ除雪機が1台贈られた。

祝賀会ではたくさんの来賓や他の青年部会員やOB・OGの盛り上がりをみせ盛大のうちに閉会を迎えた。

大館商工会議所青年部の歴史に新たな1ページが刻まれ、青年部活動に一丸となれる会となった。

これからの青年部活動にご期待ください。

<大館商工会議所青年部 2019年度 スローガン>

『 YEG EMOTION ~感情・感激・感動MAX~ 』

<基本方針>

2019年度は、平成時代が終わりを告げ、新元号に変わる年であります。更に、我が大館YEGは、創立40周年を迎える記念すべき年でもあります。この歴史的な年に、会長職を拝命させていただくことに、まずは感謝申し上げます。本年度会長を仰せつかる事によって、自分自身を振り返るきっかけになりました。今からちょうど10年前に入会し、様々な活動を通じて色々な経験をさせていただきました。嬉しかったことや楽しかったこと、そして恥をかいたこと等、多々ありました。今では自分の人生において欠かせない組織・団体となっており、その経験の分だけ自分自身、成長させていただいたと思っております。この恩を返すために、このYEGが、より一層皆様に求められ、愛され、そして入会して良かったと思われる団体になれる様、一年間、一生懸命に活動していきます。

さて、本年度スローガンは「 YEG EMOTION~感情・感激・感動MAX~ 」であります。
あなたはなにに感動しますか?
感動する引き金は人によって違いますが、自分で何かを成し遂げたときに感動する人、ものの美しさに感動する人、何気ない自然に感動する人など様々です。しかし、ここで言いたいのは、感動とは、一人では成立しない場合が多いという事です。一人で頑張っても、それに対する周囲の反応が無ければ、若しくはその場に誰もいなければ、自分のやってきた成果を感じることは難しいでしょう。YEGは今日まで、実に様々な事業に取り組んでまいりました。メンバーがYEGの事業を通じて経験した中には、それは様々な「感情」「感激」「感動」があったと思います。YEGは、事業を通じ、多くの仲間と出会い、交流し、そして自己研鑽をし、その中でいろいろな考えを持つ人達と触れ合い、一生懸命に関わることで多くの事を得られ、自分自身を成長させていく場所だと思っております。本年度は、メンバーの団結力をより一層高め、大館ヂカラを存分に発揮し、様々な「感情」「感激」「感動」を、精一杯皆さんと共有・共感したいというオモイで、このスローガンを掲げさせていただきました。

本年度は、大館YEG創立40周年記念式典という県内外より多くの青年経済人が集う事業が控えております。更にその後、2022年度は、日本商工会議所青年部全国大会が秋田市にて開催、さらに2024年度は、東北ブロック大会がここ大館の地にて開催されます。これらに向け、徐々に外向きの活動が多くなることは目に見えております。だからこそ今一度、内部の組織力の強化に重きをおき、未来を見据えて活動していくことが必要となってきます。数々の大きな事業に対応するために、万全の体制で望めるよう、少しずつ準備をしていかなければなりません。

この世は、行動の世界です。行動をしなければ何も変わりません。よりよい未来を創造するため、地域貢献のため、仕事のため、そして家族のため、まずは行動しましょう。そして、今よりも更に高く意志を向上させるための礎を共に築いていきましょう。
行動の先には、メンバーそれぞれのEMOTION(感情・感激・感動)が必ず在るはずです。苦労すればするほど、それを乗り越えたときの感動はひとしおです。このYEGを通じて、唯一無二のEMOTIONを皆さんで味わい、MAXに楽しみましょう。
どうぞよろしくお願いいたします。

<運営方針>

綱領及び指針に在るよう、次代の地域経済を担う経済人として、資質の向上と会員相互の交流を通じ、企業や地域経済の発展を築くことを目的とするYEG活動を念頭に置き、会の強化と次代へつなぐ活動を目指し、一年間運営してまいります。

1.大館YEG創立40周年記念式典の開催
本事業はメンバー全員で企画・運営するカタチとなります。委員会組織図においての役割や年間スケジュールを確認しながら、事業を成功に導くことに努めます。

2.総会・例会の企画・運営
総会・例会ではシナリオ作成により円滑な進行を心がけるとともに、例会の定義を決定し、会の出席率向上に努めます。

3.会員交流による組織力・団結力の強化
他団体との交流も存続しながら、内部の組織力・団結力の強化、さらにはビジネス交流につなげられるよう、交流促進を図ります。

4.地域イベントへの参加
地域イベントに参加することで地域貢献をします。また、単会内交流を積極的に行い、誰でも参加しやすい雰囲気づくりに努めます。

5.単会事業の企画・運営
事業を通じ、メンバーやその家族に楽しんでいただき、また地域ぐるみで盛り上がるような工夫を凝らしたイベントづくりに努めます。

6.会員増強の実施
新たなメンバーの増強に力を入れることで、会運営の一助となります。また、全会員が共通の認識を持ち、各人が拡大を目的とする行動ができる環境づくりに努めます。

7.会員の参加率向上
会員が参加しやすい環境づくりをし、総会・例会・委員会への参加を促すため積極的に声掛けをし、メンバー全員で大館YEGを盛り上げるという体制づくりに努めます。

8.エンジェルタッチの普及活動
役員会や委員会での議事進行や資料の確認はもちろん、単会内活動の情報共有や出席確認にはエンジェルタッチが必須です。現会員を含め、新規会員にもエンジェルタッチの使い方を含め、広く普及していくための活動に努めます。

9.政策提言活動の準備・周知
提言を単会内から発信するため、それに必要な活動の準備や周知に努めます。

去る4月16日定時総会がバーリーズクラブにて開催された。砂川丸から三浦丸へ会長のバトンが渡り、新年号・令和の元、40周年記念をひかえ躍動する1年になることだろう。今後の青年部の活躍に乞うご期待。

出席された皆様お疲れでした。青年部の皆様の益々のご活躍を祈念申し上げます。

スローガン “絆” ~すべては明るい未来の為に~

平成24年度会長所信                武田喜胤

武田喜胤会長 平成24年度会長としての運営にあたることになりました、武田でございます。若輩者ではありますが、の為、地元大館の為、責任ある職務を全うする所存でございます。

まずは、昨年3月11日に起こった東日本大震災から1年余りが経過しました。今もなお、被災地はもとより日本中で復興に向けて日々前進していると思います。私はこの震災からの一年で日本人の確かな絆を感じることも出来た一年であったと思います。また、日本全体に目を向けると長期間にわたる景気の低迷、デフレ、円高、財政赤字、急速な少子化の流れ、生産年齢人口の減少と高齢者の増大、崩壊寸前の社会保障制度、構造的な問題と解決しなければいけない課題に直面するなかで、311東日本大震災と原子力発電所事故の発生により国家として大きな岐路に立っていると思います。また、地元大館に目を向けても不景気の流れは甚大であり、また生産年齢者が都心部へ移住することによる年代の空洞化、少子高齢化の先駆けとなる地域だと感じています。このような現下の混沌とした状況を打破し、豊かで住みよい郷土を作るために、責任世代となった我々青年が、創意と工夫、勇気と情熱を傾けて、新しい文化的創造をもち貢献する必要があるのです。

さて、今年度会長へ立候補するに当たり、是非行いたい事が四つありました。

一つ目は地域社会の健全な発展を図る活動の一翼を担い次代への先導者としての責任を自覚し地域の経済的発展の支えとなり新しい文化的創造をもって豊かで住みよい郷土づくりに貢献していく為には会員間の絆がもっとも大事だと考えます。会員間の親睦を深める為に会員交流事業を一つの柱として行います。

二つ目は豊かな郷土を築くために創意と工夫、勇気と情熱を傾ける為には、多くの意見を基に地域を支えていく必要があり、その為に多くの新入会員を募集し、また入会後、青年部の目的・役割を正しく理解して頂き、地域を支える青年経済人として活動し、善き友を見つける事が出来るよう努力する事を一つの柱として行います。

三つ目は、ジュニアエコノミーカレッジの本開催を実施する事です。昨年度開催したジュニアエコノミーカレッジを今年度から永続的に継続事業として行っていけるよう、今年度が基本となる年と考えます。ジュニアエコノミーカレッジ、略してジュニエコとはどんな事業なのか。ジュニエコは、販売するだけの単なるお祭りではなく小学生5年生6年生を対象とした商売体験を通した起業教育プログラムです。起業教育とは自ら課題を設定し、考え、解決する力を養う教育をいいます。音楽教育が必ずしも音楽家を育てる為の教育ではないように、起業教育も本来起業家を育成するための教育ではありません。子供たちは、起業という言葉や株式会社の仕組みなど分かっていなくても、この事業を通して「お客様に喜んでもらう事」「お金の大切さ」「仕事とは社会に役に立つ事」「チームワークの重要性」など、沢山の事を学ぶ事が出来るはずです。大人から教えられた知識やアイディアも大事ですが自らの経験や学習した知恵は、これからの人生の中でも、きっと大きな財産になるはずです。今、自信を持ち自ら考え行動するという事が出来ない子供たちが増えているように感じます。わが子も含めて、こういう子供たちに、いち大人として伝えていくことが重要と考えます。働く事ってすばらしい!と。地元大館って本当に素晴らしい!と。そう感じる子供たちが多ければ多いほど、地元大館の未来も明るいものになると信じています。地域の大人である私たちが地域の子供たちと絆を深める事が出来れば、こうであってほしいと思う気持ちを伝える事が出来れば、地元大館の未来は必ず明るいものとなると信じています。その為の良いプログラムとしてジュニアエコノミーカレッジがあると考え、本年度本開催を実施したいと考えました。今年だけで終わることなく未来に続いていく継続事業であると信じ、皆で取り組みたいと考えました。

最後の四つ目は、大館きりたんぽ祭りinドームへの関わりです。今年度10月に行われるきりたんぽ祭りの実行委員会への関わりや当日の大成功を目指し青年部としてバックアップしていく事を最後の柱とします。

本年度私が行いたい四つの事を紹介しましたが、基本は絆というキーワードになっています。こういう時だからこそ、我々は絆を再認識・再確認すべきではないでしょうか。

その為、スローガンを「“絆”~すべては明るい未来の為に~」としました。本年度様々な絆を深めあうことが出来れば、我々も、地元大館北秋地域も、今現在から明るい未来へと進む事が出来ると信じ、一年間全うする所存です。

 

 

第1回と第2回は載せてませんが・・・・・、皆さんに青年部を理解していただくためにも会議してる姿を掲載始めます。突然、ごめんなさい(T_T)

役員会では各委員会の今後予定されている事業、予算、行われた事業の報告がされた、それぞれが、周りの意見を聞きながら自分の意見を活発に出し会議は充実したものとなった。お酒の席では笑顔を見せていたメンバーも真剣に事業に取り組む姿勢をアピールし予定よりも会議が長引いた。われわれは、大館商工会議所青年部に所属して大館市の反映、発展の為に確固たる決意で尽力すると共にわれらが元祖!大館きりたんぽイメージキャラクター・ポン太、キリ子をアピールし、会員の発展・活躍を担うための組織である!

今後の予定は・・・・7月26日(金) 6:30~ 北秋くらぶで若手育成講演会&納涼会開催を計画中。会員増強委員会と総務広報委員会を中心に会議を重ねたいと思う。たくさんの参加をお待ちしております。

今後も青年部メンバーの活躍に乞うご期待!

引き続き青年部メンバーをガンガン募集中!・・・・お気軽に商工会議所までお問い合わせきださい。

去る5月29日、樹海ドームにてチャレンジデーが開催され、我々、商工会議所青年部にポン太・キリ子の出動依頼が・・・・・。長木保育園と長木小学校の生徒さんを始め、地元の年齢を感じさせない元気なお年寄り等多数参加!大館市民(78,191人)みんなで運動をして大阪府の柏原市(人口72,769人)とその参加人数を競うという企画。それで集った精鋭達に激励したのは今も変わらず美人な元オリンピック選手”長崎宏子”さん(^-^)/美女の元気いっぱいの激励に集った精鋭達はやる気満々!ボルテージ全開!(実はポン太とキリ子そっちのけで長崎さんの美貌に釘付けでした・・・。)そしてちゃっかりポン太・キリ子は長崎宏子さんとのふれあいを来場者よりも先にして記念撮影までしました。でも美女を挟んだ感想は”あまりの美しさに悶絶”だそうです。その後、保育園の子供達や小学生の子供達ともふれあい記念撮影をして業務終了・・・・。撮影協力して頂いた大館製作所・中田峻君、アバフローリスト・野田光平君そして事務局・塚田悠紘君ありがとうございました。そして今回の撮影やホームページ掲載に許可をしてくださった長木保育園・長木小学校の生徒・保護者・先生方ありがとうございました。

なにより、快くポン太・キリ子と記念撮影をしてくださった長崎宏子様ありがとうどざいました。

これからもポン太・キリ子を商工会議所青年部をよろしくお願いします。

・・・・・ちゃっかり、長崎さんと記念撮影しておけばよかったな~(T_T)・・・・・