最新のお知らせ

2021年度 事業計画(案)

【スローガン】 『愛 💛LOVE💛 おおだて』 ~地元の元気が 🐕 私たちの力~

【基本方針】

 日本のみならず、世界中を恐怖に陥れている“新型コロナウイルス”という未曾有の敵に、人々は恐れ、今まで当たり前だった人とヒトとの直接的な交流を妨げました。ネット社会が当たり前となった今の世の中では、直接的な交流がなくなったとしても、そこまで深刻な問題ではないのかもしれません。現にオンラインでの会議や飲み会が生活の一部となりつつあり、遠方にいる方との交流が身近になり、時間的な効率化が図られたのも事実です。

 しかし、それと同時に対面式の交流が希薄化し、人間が本来持つべきであろう「ぬくもり」や「ふれあい」といったものが奪われました。私は「ぬくもり」や「ふれあい」の中で、ここ大館に育ちました。それがなくなることが、どうしても寂しく感じます。 「オンライン」は使い方が重要です。現代社会に取り残されぬよう、時間的・作業的効率化の為に利用することも大事ですし、それを使い過ぎることによって奪われるものがあることも事実です。「オンライン」文化はなくなることなく、今後も活用されていくものです。そういったあらゆる条件を照らし合わせ、使い方、使う場面を判断し、自社の為、地域の為に活用していかなくてはなりません。

  また、我々YEGの同志は、地域を支える青年経済人であり、誰よりも地域を愛し、それらの為に活動しています。今のコロナ禍の状況において、各予定事業はどのようにしたら遂行出来るのか、大館の経済はどうしたら活性化するのか、生まれ育った大館の為に何が出来るのか、今の子ども達に何を残せるのか…

  地元が元気になり、そこに笑顔が溢れることこそが、我々大館YEGの原動力です。コロナ禍の中ではありますが、少しずつでも「ぬくもり」や「ふれあい」を取り戻せるよう、会員皆で考え、行動していきたいと考えます。

 さらには、令和4年度に秋田YEGを主催地として開催される全国大会、令和6年度に我々大館YEGが招致を目指している東北ブロック大会を見据え、今こそ我々が団結し、進んでいかなければならない時期でもあります。YEGという団体は様々な業種、そして様々な価値観を持った人が集まった団体です。 ある一つの課題に対しても、答えに行き着くまでの考え方は皆それぞれ違います。ただ自分の考え方を押し付けるだけでは団結も生まれなければ、各種大会の成功もあり得ません。会員皆がお互いを尊重し、相手の立場や考え方に寄り添う気持ちを持ちながら、共に高め合っていきましょう。

 大館YEGの近い未来を見据えた時、今年度の会長職は非常に責任重大と捉えます。私は歴代会長の諸先輩方に比べ、まだまだ若輩者であり、統率力もなければ、大事な場面で声も震えます。しかし私たちには、困った時に助けてくれる、共に活動してくれる、汗と涙を流してくれる同志や先輩がいます。今こそ愛する大館の為に、皆で考え行動し、共に進んで参りましょう。1年間どうぞよろしくお願い致します!!

2021年度 大館商工会議所青年部

会長 野田 光平

去る12月14日プラザ杉の子にて大館商工会議所青年部 創立40周年記念行事が開催された。

40周年記念事業として社会福祉協議会へ除雪機が1台贈られた。

祝賀会ではたくさんの来賓や他の青年部会員やOB・OGの盛り上がりをみせ盛大のうちに閉会を迎えた。

大館商工会議所青年部の歴史に新たな1ページが刻まれ、青年部活動に一丸となれる会となった。

これからの青年部活動にご期待ください。

<大館商工会議所青年部 2019年度 スローガン>

『 YEG EMOTION ~感情・感激・感動MAX~ 』

<基本方針>

2019年度は、平成時代が終わりを告げ、新元号に変わる年であります。更に、我が大館YEGは、創立40周年を迎える記念すべき年でもあります。この歴史的な年に、会長職を拝命させていただくことに、まずは感謝申し上げます。本年度会長を仰せつかる事によって、自分自身を振り返るきっかけになりました。今からちょうど10年前に入会し、様々な活動を通じて色々な経験をさせていただきました。嬉しかったことや楽しかったこと、そして恥をかいたこと等、多々ありました。今では自分の人生において欠かせない組織・団体となっており、その経験の分だけ自分自身、成長させていただいたと思っております。この恩を返すために、このYEGが、より一層皆様に求められ、愛され、そして入会して良かったと思われる団体になれる様、一年間、一生懸命に活動していきます。

さて、本年度スローガンは「 YEG EMOTION~感情・感激・感動MAX~ 」であります。
あなたはなにに感動しますか?
感動する引き金は人によって違いますが、自分で何かを成し遂げたときに感動する人、ものの美しさに感動する人、何気ない自然に感動する人など様々です。しかし、ここで言いたいのは、感動とは、一人では成立しない場合が多いという事です。一人で頑張っても、それに対する周囲の反応が無ければ、若しくはその場に誰もいなければ、自分のやってきた成果を感じることは難しいでしょう。YEGは今日まで、実に様々な事業に取り組んでまいりました。メンバーがYEGの事業を通じて経験した中には、それは様々な「感情」「感激」「感動」があったと思います。YEGは、事業を通じ、多くの仲間と出会い、交流し、そして自己研鑽をし、その中でいろいろな考えを持つ人達と触れ合い、一生懸命に関わることで多くの事を得られ、自分自身を成長させていく場所だと思っております。本年度は、メンバーの団結力をより一層高め、大館ヂカラを存分に発揮し、様々な「感情」「感激」「感動」を、精一杯皆さんと共有・共感したいというオモイで、このスローガンを掲げさせていただきました。

本年度は、大館YEG創立40周年記念式典という県内外より多くの青年経済人が集う事業が控えております。更にその後、2022年度は、日本商工会議所青年部全国大会が秋田市にて開催、さらに2024年度は、東北ブロック大会がここ大館の地にて開催されます。これらに向け、徐々に外向きの活動が多くなることは目に見えております。だからこそ今一度、内部の組織力の強化に重きをおき、未来を見据えて活動していくことが必要となってきます。数々の大きな事業に対応するために、万全の体制で望めるよう、少しずつ準備をしていかなければなりません。

この世は、行動の世界です。行動をしなければ何も変わりません。よりよい未来を創造するため、地域貢献のため、仕事のため、そして家族のため、まずは行動しましょう。そして、今よりも更に高く意志を向上させるための礎を共に築いていきましょう。
行動の先には、メンバーそれぞれのEMOTION(感情・感激・感動)が必ず在るはずです。苦労すればするほど、それを乗り越えたときの感動はひとしおです。このYEGを通じて、唯一無二のEMOTIONを皆さんで味わい、MAXに楽しみましょう。
どうぞよろしくお願いいたします。

<運営方針>

綱領及び指針に在るよう、次代の地域経済を担う経済人として、資質の向上と会員相互の交流を通じ、企業や地域経済の発展を築くことを目的とするYEG活動を念頭に置き、会の強化と次代へつなぐ活動を目指し、一年間運営してまいります。

1.大館YEG創立40周年記念式典の開催
本事業はメンバー全員で企画・運営するカタチとなります。委員会組織図においての役割や年間スケジュールを確認しながら、事業を成功に導くことに努めます。

2.総会・例会の企画・運営
総会・例会ではシナリオ作成により円滑な進行を心がけるとともに、例会の定義を決定し、会の出席率向上に努めます。

3.会員交流による組織力・団結力の強化
他団体との交流も存続しながら、内部の組織力・団結力の強化、さらにはビジネス交流につなげられるよう、交流促進を図ります。

4.地域イベントへの参加
地域イベントに参加することで地域貢献をします。また、単会内交流を積極的に行い、誰でも参加しやすい雰囲気づくりに努めます。

5.単会事業の企画・運営
事業を通じ、メンバーやその家族に楽しんでいただき、また地域ぐるみで盛り上がるような工夫を凝らしたイベントづくりに努めます。

6.会員増強の実施
新たなメンバーの増強に力を入れることで、会運営の一助となります。また、全会員が共通の認識を持ち、各人が拡大を目的とする行動ができる環境づくりに努めます。

7.会員の参加率向上
会員が参加しやすい環境づくりをし、総会・例会・委員会への参加を促すため積極的に声掛けをし、メンバー全員で大館YEGを盛り上げるという体制づくりに努めます。

8.エンジェルタッチの普及活動
役員会や委員会での議事進行や資料の確認はもちろん、単会内活動の情報共有や出席確認にはエンジェルタッチが必須です。現会員を含め、新規会員にもエンジェルタッチの使い方を含め、広く普及していくための活動に努めます。

9.政策提言活動の準備・周知
提言を単会内から発信するため、それに必要な活動の準備や周知に努めます。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

役職 氏名 事業所名
会長 木次谷久弥 (有)木次谷設備
副会長 岩澤 重人 (有)岩沢活版
副会長 小松 和志 東北環境消毒(有)
副会長 中田  峻 (株)大館製作所
顧問 石川  崇 (株)割烹きらく・プラザ杉の子
理事 薮田  学 (有)ネオスコーポレーション
専務理事 三浦  司 ミウラ建築創作舎
理事 武田 喜胤 (同)あきた北保険サービス
室長 菅原 大作 (有)菅原印刷
室長 貝森 政彦 さくら理容館
委 員 長 福田 真人 (株)ジェイエイ大館・北秋田葬祭センター
副委員長 松橋  謙 東海サポート(株)
藤島 朋英 (株)ワールドプラン社
委 員 長 三浦 祥平 社会福祉法人 水交苑
副委員長 巽  純一 (株)巽工業所
佐々木敬佑 (有)居宅介護支援センターまり
委 員 長 野田 光平 (有)アバフローリスト
副委員長 齋藤  茜 Hair+Dress Orne
畠山 陽輔 秋田ゼロックス(株)
委 員 長 田村 匡宏 田村精肉店
副委員長 田口  聡 (株)秋田ダイドー
櫻田 恵三 大館フラワー
理事 小松  峻 (株)ダスキン北秋
監事 武内 良文 (株)大館印刷
監事 関口 徳彦 せきぐち整骨院