25年度

今期、臨時総会がプラザ杉の子で開催された。次年度会長予定者の発表、次年度各委員会への予算を増額して活動をより拡大させるために会費増額、会則改定等が話し合われた。次年度へ向けての足がかりとなる会議になった。

皆様お疲れ様でした。

10月12・13・14と3日間、大館樹海ドームで第41回きりたんぽまつりが開催された。青年部の武田純子率いる会員親睦委員会の出店部門は・・・・・・・「たんぽフォンデュたんぽにソースをつけて食べるという発想は人気抜群だと感じた。今までは味噌つけたんぽか鍋で食べるというものだったがそれ以外のミートソースだったり、チリソースだったりと色々な味が楽しめるものだった。そしてきりたんぽといえばポン太とキリ子。中学生ボランティアに着てもらいドーム内でお客様を楽しませてくれた。ボランティアの中学生の皆さんありがとうございました。そして青年部の皆さんお疲れさまでした。

9月28日(土)の昼・・・・・・商工会議所青年部メンバーにも激震が走った!なんと・・・・・!ポン太とキリ子がデートをしてるではないか?しかもキリ子は電車から大館駅ハチ公神社前で待ち合わせ!

その後、弘前市から駆け付けてくれた”タカ丸君”鹿角市からは”タンポ小町ちゃん”や”ないりっ君”などゆるキャラ達や大館駅前に集ってくださったたくさんのお客様に見守られめでたく婚約!

今後二人がどうなるか・・・・・それは二人の秘密!

ご協力してくださった皆様ありがとうございました。そして二人を祝福してくださった皆様ありがとうございました。

今期、臨時総会がプラザ杉の子で開催された。次年度会長予定者の発表、次年度各委員会への予算を増額して活動をより拡大させるために会費増額、会則改定等が話し合われた。次年度へ向けての足がかりとなる会議になった。

皆様お疲れ様でした。

去る5月29日、樹海ドームにてチャレンジデーが開催され、我々、商工会議所青年部にポン太・キリ子の出動依頼が・・・・・。長木保育園と長木小学校の生徒さんを始め、地元の年齢を感じさせない元気なお年寄り等多数参加!大館市民(78,191人)みんなで運動をして大阪府の柏原市(人口72,769人)とその参加人数を競うという企画。それで集った精鋭達に激励したのは今も変わらず美人な元オリンピック選手”長崎宏子”さん(^-^)/美女の元気いっぱいの激励に集った精鋭達はやる気満々!ボルテージ全開!(実はポン太とキリ子そっちのけで長崎さんの美貌に釘付けでした・・・。)そしてちゃっかりポン太・キリ子は長崎宏子さんとのふれあいを来場者よりも先にして記念撮影までしました。でも美女を挟んだ感想は”あまりの美しさに悶絶”だそうです。その後、保育園の子供達や小学生の子供達ともふれあい記念撮影をして業務終了・・・・。撮影協力して頂いた大館製作所・中田峻君、アバフローリスト・野田光平君そして事務局・塚田悠紘君ありがとうございました。そして今回の撮影やホームページ掲載に許可をしてくださった長木保育園・長木小学校の生徒・保護者・先生方ありがとうございました。

なにより、快くポン太・キリ子と記念撮影をしてくださった長崎宏子様ありがとうどざいました。

これからもポン太・キリ子を商工会議所青年部をよろしくお願いします。

・・・・・ちゃっかり、長崎さんと記念撮影しておけばよかったな~(T_T)・・・・・

平成25年度大館商工会議所青年部スローガン

(あ  す)次代への創造~人と繋がれ道標の為に~
平成25年度商工会議所青年部会長所信(25.4.2)
東日本大震災から3年がたったいま、復興は急ピッチで進められていますが、私たち中小企業にとっては非常に厳しい経済状況のなか新しい年度を迎えることになりました。この間、政権が変わり「次元が違うレベル」と題した緊急経済対策を政府は発表しました。それにより日本経済は先行きへの期待は高まっているものの、地方の中小企業の活性化へはまだ程遠いのが現実です。大胆な金融政策や成長戦略をスピーディーに実行して頂き、デフレ脱却を確実に且つ日本経済再生に早く道筋を付けて頂きたいと願うこの頃です。薮田会長

私たちはこの町で、皆それぞれの幸せを楽しみに、大いに喜び、共に汗し、共に涙し、共に笑いながら人生を歩めたらどんなに素晴らしいことでしょう。我々青年部の綱領や指針をもう一度よく考えてみる時が来ているのではないでしょうか。この地域の課題から目をそらさず、この大好きな町大館で経済発展の支えとなり、人と人の繋がりを大事にし、また歩むことで夢あふれる次代を創ることが出来るのではないでしょうか。人と人との繋がりは強く生きるための源であり、企業と地域の活力の礎になります。夢を持てば道標は必ず見えて来るずです。
大館にはアメッコ市を始めとし昨年からは本場大館きりたんぽまつりが開催されるようになりました。故三浦会頭が心血を注ぎ開催されたこの祭りは、我々大館の青年の力で形となり後生へ受け継がれる素晴らしい祭になり、その礎を築きたいと思います。そして全県一の祭・東北一の祭と成長させるため、当青年部は三浦会頭の意思を受け継ぎ全力で強力します。そして今年度は会員親睦委員会が祭の実行部隊として地元を含めた県内で活動し、大館のきりたんぽ、当会議所青年部のアピールを今年度の事業として頑張ってまいります。この一年間宜しくお願い致します。 最後に私自身こう在りがたいが未だになれていない永遠のテーマがあります。三重トヨタ自動車社長の竹林氏の言葉です。
「エンピツ型人間になれ」
その心は中に一本の芯(心)が通っていて周りに木(気)を使うそして、自分の身を削ってお役に立つ

 

<< 重 点 目 標 >>
1、収益事業を通し組織力のアップを目指します。

2、委員会、各事業への会員の参加率を高め、意識向上を目指します。

3、イベント等に参加をすることで、ポン太君、キリ子ちゃんの知名度を図ります。

4、きりたんぽまつりへの全面的に協力し、他団体との交流を深めます。

<< 行 動 目 標 >>
1、 仲間と志を共有し、共に方法を考えよう

2、 仲間に気を配り、共に歩もう

3、 成果に胸を張り、友を誇ろう

4、 更なる飛躍を目指そう